定期預金-金利@ネットバンク比較



ネットバンクとは?



ネットバンクとは、インターネット専業銀行のことを言います。

例えばジャパンネット銀行やソニー銀行、イーバンク銀行が有名です。他にも住信SBIネット銀行などもあります。ネット銀行は、普通の銀行とは違って、実店舗を構えません。ですから、ATMなどもありませんし、店舗もありません。すべてインターネット上での取引ということになります。ATMはコンビニATMや提携している会社のATMを利用する形になります。ネット銀行には色々とメリットがあり、実店舗を構えていないことで、実店舗を運営するためにかかる経営コストも削減されていますし、人件費なども削減されていることから手数料が一般の銀行に比べると安いケースが多いです。ネット銀行はネット専業ですからその分コストダウンしてあることでそれが手数料以外にも金利などに影響しています。

定期預金なども都市銀行と比較してみると金利は高いですし、振込み手数料などは安いです。毎日のお金の出し入れは実店舗のある銀行を利用して、定期預金をする場合にはネット銀行を利用するという人が増えています。少しでも定期預金の金利は高い方がいいですから、一般の銀行にお金を預けておくよりも、今はネット銀行に預けた方がいいという人が多いのです。

主に使うのは銀行の普通預金口座で、定期預金をするなら金利の高いネット銀行を使うというのが賢く口座を使い分けている人の方法ですから、これからの時代はネット銀行を一つは持っておくといいでしょう。



オススメネットバンク
新生銀行 じぶん銀行 住信SBIネット銀行
©Copyright 2015 定期預金-金利@ネットバンク比較 All right reserved.