定期預金-金利@ネットバンク比較



ネット定期とは



定期預金とは決まった期間にお金を預けるという預金のことを言います。

預け入れ期間の元本は保証されて固定金利で預けたお金は運用されます。普通預金に比べると金利は高いために、しばらく使う予定のないお金がある場合には、定期預金に預けた方が金利が高いのでお勧めです。しかし決められた期間中は払い戻すことができませんが、中途解約をすれば可能です。しかし中途解約の金利で計算した利息から税金を引いた額と定期預金の元金が戻ってくることになって元本割れをする場合もありますので注意が必要です。

そんな定期預金ですが、ネット定期とはネットバンクの定期預金のことです。インターネットを通してお金を預ける定期預金です。実店舗を構えませんから人件費や店舗運営費などのコストが削減されていることで、ネット定期の方が一般的な定期預金に比べると高金利であるというメリットがあります。また手数料も安いというメリットもあります。

ネット定期のメリットや特徴は、まず一般的な銀行に比べると金利が高いこと、そして提携しているATMから入出金をする際の手数料が低いことがあげられます。ネットバンクによっては、金利優遇キャンペーンなども実施しているところがありますが、その場合は金利が1%を越えるケースもあります。低金利時代に入っている日本で、1%を超える金利はかなり高い金利です。

他にも特徴として、一口当たりの単位が100円や1000円、1万円といった少ない金額からも預け入れが可能であるというのも特徴の一つです。



オススメネットバンク
新生銀行 じぶん銀行 住信SBIネット銀行
©Copyright 2015 定期預金-金利@ネットバンク比較 All right reserved.